早漏はもう治らないと諦めていた人に光が差し込む

早漏はこれまではトレーニング方法くらいしか改善する方法がありませんでした。

自力でコントロールしたいと思っても難しいのが現状だったのです。

トレーニングでは確実な効果が得られない

残念ながらトレーニングをしたところで確実に改善できるという保証は一切ありません。改善できるという保証があれば誰もがやりますし、きっとここまで悩んでいる人も多くはないでしょう。

誰かに相談することができる内容でしたらいいのですが、意外とデリケートで、そしてナイーブな話ですので、一人で誰にも言えずに黙っている人は多いのです。

そして女性と性行為をするというときになって、女性に打ち明ける、もしくは行為をしていて発覚したときの女性の反応からトラウマになり、恋愛そのものが億劫になり、できなくなる男性は多いと言われています。

この体質さえなければもっと人生は楽しいだろうにと諦めたりがっかりしている人は多かったのです。

諦めている人に一筋の光

諦めている人にとって一筋の光となることがあります。それは薬です。改善できる薬があるのです。もちろん新たにこのためだけに開発された薬というわけではありませんので、これ専用で作られていません。薬には作用、副作用がありますが、ほかの薬として作られ使用されていた薬の副作用が早漏を改善させるのに効果的だったのです。

例えば外科治療、歯科治療に使用されている局所麻酔薬のリドカイン。こちらをペニスに塗ることで局所は一時的な麻痺をしている状態になり感覚が感じなくなります。ということは刺激を与えてもフィニッシュにいたらないというわけなのです。

抗うつ薬も効果的

刺激を受けるのはペニスだけでなく脳も女性の仕草、声から刺激を受けますが、刺激を受けた脳を落ち着かせる働きをしてくれるのが抗うつ薬です。

これを使うことで脳は落ち着きますので、ちょっとやそっと仕草や声を聞いただけでは刺激が伝わらなくなりますので、フィニッシュまでの時間を伸ばすことができるのです。

実際に、抗うつ薬を服用している人がなかなかフィニッシュにいたらないことからこの作用が発覚しました。

これまではもう改善の方法がないと諦めていた人も、これからはその心配はないでしょう。きっと改善することは可能ですし、薬を使えば確実に改善できます。