早漏で悩んでいる人の多くは早くイッた虚しさや悲しさ

早漏は誰にも話せない悩みであることはとても多いでしょう。

デリケートで尚且つナイーブな悩みですので人に相談することもできずに一人で悩んでいる人は多いのです。

自分はもしかすると・・早漏なのか・・・・。

きっと最初は誰もそうだったと思います。なぜなら経験が浅いとどうしても刺激を少し受けただけでもすぐにフィニッシュに至ってしまうというのは自然な事ですので、不思議なことではないのです。

これは本当にごくごく自然なことと言っても過言ではないでしょう。

しかし性行為を重ねていくうちに、大半の人は、だんだん刺激にも慣れてきますので、少しの刺激ではフィニッシュにいたらなくなるのです。

かなり経験を積んでいるのに、まだフィニッシュに至る時間が早い、女性を満足させることなく自分が先にフィニッシュに至ってしまうというような人は、注意が必要かもしれません。もしかしてというあなたの勘はあたっているかもしれないのです。

そもそも何故起きるのでしょうか。その理由は様々ですが、大きく分けると原因には二つがあるとされています。一つ目の原因ですが、これはペニスがとても刺激過敏であるという原因です。

ちょっとした刺激でもすぐに過敏に反応してしまい挿入しただけで、まだほかの人ならフィニッシュにいたらないようなことでも、フィニッシュに至ってしまう、これが原因の一つです。

そして二つ目の原因ですが、二つ目の原因は、脳にあります。女性やパートナーの仕草、声などを見たり聴いたりするだけで興奮がすぐに高まりフィニッシュに至ってしまうのです。

脳の興奮が抑えられない、感受性が高いといえばいいのかもしれません。大体の原因としては主にこの二つがあげられます。どちらのタイプか自分で分かれば対処法はあります。

従来の対処法はトレーニングでした

従来のこうした原因に対処する方法はトレーニングが一般的でした。トレーニングでは何をするのかといえば、目的は簡単です。刺激に強くさせるのです。

ペニスに刺激を故意に与えることで刺激に強いペニスを作る、これが従来のトレーニング方法でした。こうすることによってちょっとやそっとの刺激ではフィニッシュ似たらなくなるという方法です。

この方法は一人ではできず、パートナーや相手にトレーニングを一緒にやってもらうという必要がありました。

しかもこのトレーニングの効果が必ずあるとは限らないというデメリットもありました。

ですが、トレーニングをすれば何かしらの効果は上がるかもしれないという気持ちがあり、男性は一生懸命トレーニングに励んでいたようです。しかし実際のところ完全に改善されたという人はいない方が多いでしょう。

トレーニングは不確実ですし、確実とは言えません。

いつになれば改善できるのか、その目処も立たないのが特徴です。しかしこれからの改善方法については、確実、いつ改善できるのか明確です。

なぜなら薬を使った方法だからです。薬を使うと聞くとちょっと怖いと感じる人もいるかもしれませんが、勃起しない人に対しては勃起不全の薬が使われているように、早漏にも改善するための薬があるのです。

もともとこれを改善させるために作られたわけではないのですが、抗うつ薬を服用している人がなかなかフィニッシュにいたらないという副作用に着眼して、抗うつ薬が改善に一役かってくれることがわかりました。

先ほど出ましたが抗うつ薬。これは脳の興奮を鎮めて刺激からフィニッシュしてしまうのを抑える働きをしてくれます。

これは服用するタイプですが、仕草、声などからすぐに脳が興奮してしまう人に対して使う薬です。そして二つ目の薬、こちらは塗り薬です。リドカインという局所麻酔薬の塗り薬を使用します。

局所麻酔薬という名のとおり、塗ればその部分の感覚は麻痺しますので刺激を与えても感じなくなるのです。

すぐに刺激を受けて敏感に反応してしまっていたペニスに塗ることで刺激を受けてもすぐには反応しにくくなり鈍くなりますので、フィニッシュを遅らせようという考えです。

これら二つの薬を自分が何故起きているのか原因を探った上で適切に使用すればスムーズに改善させることにつながるでしょう。原因が二つともだという人は両方使えば改善の効果が上がります。

一人ではトレーニングをしても効果が上がらないという人へ、一人で悩んでいても改善できるものではありませんので、早く確実に効果を出す薬を使用することがおすすめです。

早漏防止薬なら確実に効果を発揮することができるし、もともとの原因に直接働きかけることができますので対処療法ではありますが、確実に改善させることは可能ですから一度試し得見てはいかがでしょうか。